結婚式でのネクタイの色は?

結婚式に出席する男性にとって、ネクタイの色を迷われる人も多いかもしれません。

答えをいうと、結婚式のネクタイの色は、「白色」が最善だとされています。
真っ白だったり、光沢のある白、シルバーに近いほどの白などが定番です。


しかし最近では、白色以外のネクタイも定着していて、何色でもOKということが多いと言えます。
目上の人の結婚式などでは、白色が好ましいといえますが、友人となればほとんどの色が問題ないという時代になってきました。

なるべく光沢があったり、明るい色が良いとされています。

そんな中でもNGな場合もあります。
<結婚式ネクタイのNG色>
・黒色
・何色であっても派手な柄のもの


色は黒や、暗い中で見たら黒色に見えそうな深い紺などを避ければ問題ありませんが、
無地・チェック・ストライプ・ドット以外の柄はNGとされています。

ノーネクタイはどうなんだろう?!と考える方もいるかもしれません。
ノーネクタイは極力避けたいところですが、どうしてもノーネクタイで行きたいという人は、
必ずネクタイを持参して、状況を見て判断してもいいと思います。

蝶ネクタイは原則NGです。
蝶ネクタイは、日(太陽)が暮れてから、つまり夜に使用することがメインとされているためです。
夜に行われる結婚式で、欧米人も見えるならありかもしれませんが、いずれにしても一般的なネクタイも持参しましょう。ナロータイ(一般的なものより幅がやや細いネクタイ)は問題ありません。

おさらいすると、
・ほとんど何色でもOK
・明るく光沢のあるものが好ましい
・黒と派手な柄はNG
・白色なら無難で目上の人の式なら白色が好ましい

という感じです。

ぜひ、参考にしてください。
また、ひょっとしたら地域や挙式の種類・宗教などにより上記もNGになる場合もあるかもしれません。
光沢のある白色のネクタイなら失敗はありませんので心配でしたら、持参して状況によって付け替えましょう。